「いい天気」と「悪い天気」

ずっとくもり空だった今日。

どうやら明日も1日、

このあたりでは、雨が降るようです。

雨やくもりの日が何日も続くと

「早くいい天気にならないかなー」

と、ふと思いますが・・・

そもそも、

晴れ=いい天気

雨やくもり=悪い天気

と思うのは、なぜでしょう?

晴れの日というと

・気持ちがいい。

・出かけるのが楽しい。

・明るい。

というイメージ、ありませんか?

一方、雨やくもりの日には

・ジメジメする。

・出かけるのがおっくう。

・景色がくすんで見える。

などのイメージがありますが、

ほんとうは

どちらも同じ天気ですから、

いい・悪いは、ないんですよね。

日光アレルギーの人や

仕事などによっては

雨やくもりの日がいい、

と感じる人も、います。

つまり、

どちらか一方だけで見るから

晴れ=いい天気

雨やくもり=悪い天気

と思い込んでいるだけ。

物事のとらえ方も同じこと。

自分にとって、これは最高!

ものすごくいい!!

そう思っていても

別の人から見ると

えー、そう!?

こっちのほうが、いいと思う!

ということも、たくさんあります。

いいと思うもの。

苦手だと感じるもの。

人によってそれは、さまざま。

天気と同じように

どっちが良くて

どっちが悪い、

ということはないんです。

自分が苦手と感じるものの

裏側には

もしかしたら、いいものが

ひっそりと隠れているかもしれない。

そう考えると

苦手と思い込んでさけていた

あれもこれも

見かたを変えてやってみると

案外、楽しいものだった!

ということが

たくさんあるかもしれませんよ。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪