何をしたいのか、わからなくなったら

突然ですが、あなたの本棚、

どんな本が並んでいますか?

本を選ぶときって、

「あ、この本を読んでみたい!」

「この内容、気になる!」

と思って、選んでいくから、

その時々の自分の趣味や

気になるもの、心境などが

本棚にまるまる反映されるんだとか。

そういうわたし、

10年ほど前の本棚には

ありとあらゆるジャンルの本が

みっちり・・・と並んでいました。

その当時をふり返ってみると

自分が何をしたいのか、

これからどうなりたいのか、

さっぱり見えていなかったんですよね。

理由は

自分にないものを

ひたすら、求めていたから。

今より、もっとステップアップしたい!

なにか、新しいことをはじめたい!

と、自分にないものばかりを

ほしい、ほしいと

探しまくっていたんです。

だから、

あのころは、心も体もクタクタでした。

ですが、

ほんとうに必要なもの、

未来へのヒントは

自分の中に、ちゃんとある。

それに気づいてから、

今まで心に抱えていたモヤモヤが

スーッと晴れたんですよね。

今の自分が持っているもの。

これまでに経験したこと。

それらは、見方を少し変えるだけで

大きなヒントになっていきます。

それを、どう活かしていくか?

そっちのほうが

より楽しいし、ワクワクするんですよね。

これから、何かをはじめたい。

そう思ったら、

今のあなたが何を持っているか、

ふり返ってみませんか?

未来への大きなヒント、

きっと、あるはずですよ。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪