悲観していても、なーんにも変わらない

数年前から、

視力がガタ落ちしてしまった、わたし。

趣味のビーズアクセサリー作りも

すっかり、できなくなりました。

で、どうしたか?というと

手作りが大好きな長女に

作り方を教えて

ほしい!と思うものを

どんどん作ってもらうことにしました。

これも、長女に作ってもらったもの。

太い指がうつっていますが、

どうぞ、気になさらず・・・。

人はついつい、

ないものに意識を向けて

あれがない、これがない

と、悲観しがちです。

ですが、

悲観したからといって

元に戻るわけでも

増えるわけでもないんですよ。

ないならないで

どうすればいいか?を

考えて、行動すればいいだけ。

昨日のブログでも書きましたが、

行動する前にあきらめるって

やっぱり、もったいないです。

改善する方法は

本当はたくさんあるのに

あきらめてしまうこと、

悲観してしまうことで

その方法が

どんどん見えなくなってしまいます。

改善する方法を見つけるには、

まず、ありのままを受け入れる。

そして、それを改善するには

どうしたらいいか?を

じっくり考えてみる。

一人でわからないときは

信頼できる人に相談するのもアリです。

すると、

自分では気づかなかったことに

たくさん気づくことができますから。

気づいたら、あとは動くだけ。

この「行動する」がポイントですよ!

行動しないで「そっか!」だけでは

なにも変わりませんから。(^^)

さあ、あなたは

立ち止まったままでいますか?

それとも

今を変えるべく、行動しますか?

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪