一つの物事も別方向から見ると、違ったものに

先日、妹の子どもたちと遊んで以来、

娘たちがちっちゃかったころを

よく思い出しています。

子どもって

大人には想像もつかないことを

やるんですよね。

うちの場合、

ちょっと目を離したすきに

「かわいいから(*´∀`*)」

という理由で

真冬に水着を着てみたりとか。

字を書けるようになったのが

うれしくて

冷蔵庫に大きく「ま」と

書いてみたりとか。

急いで出かけて

ふと、顔を見てみたら

油性マジックで

まゆ毛かいていたりとか。

想定外のことばかりで

「コラーッ!」

と言う前に

大笑いすることも、しばしば。

ちなみにこれら、

すべて写真に残してます(*´艸`*)

子育て、というと

自分の時間はどんどんなくなるし、

子どもは泣くし、寝ないし、

たしかに、

大変なことも、たくさんあります。

だけど、それと同じぐらい、

ううん、それ以上に

楽しいこともたくさんある。

そう思うんですよね。

人って、不思議なもので

大変なこと、つらいことなど

ネガティブな面があると

どうしても、そっちにばかり

意識が向きがちなんですが、

楽しいことやうれしいことにも

ちょっと目を向けてみると

「毎日、大変なことばかり」

「なんで自分ばっかり!?」

という思いから

少し、抜け出せるんじゃないかな

と、思うのです。

毎日がつらい・・・。

そう感じたら、

フーッと深呼吸をして

ちょっとまわりを見回してみましょう。

今まで見えていなかったHappyに気づいて

気持ちがスーッとラクになりますよ(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪