集中できない。そんなときに効果があったもの

通信制の高校に通っている

わが家の長女。

ふだんは自宅で

オンライン授業を受けて、

毎月、レポートを提出しています。

「集中するのが苦手」だったので

何かをするときは

とても時間がかかることも。

小さいころは

あの手この手を使って

集中する練習をしました。

その中で「これは!」と

効果があったものを紹介しますね。

その方法とは

10分間、集中する

⇒5分間、休憩する

をくり返すこと。

たとえば、

ドリルを1ページするとき。

「このページを

 10分間で終わらせよう!」

と声かけをしたら、

スマホのアラーム機能を使って

時間を設定します。

10分間でできたら、

5分間休憩して、次のページへ。

もし、10分以内で完了したら

「すごいやんー!!」

と、ほめることを忘れずに。

もちろん、

途中で集中力が

切れてしまうときもあります。

そんなときは

「今は、何をする時間だっけ?」

と声かけをしましょう。

10分間集中に慣れたら、

次は15分・・・というように

少しずつ、時間を伸ばしていくと

集中できる時間も

だんだん伸びてきました。

長女にとっても

集中できるようになったのは

大きな自信になったらしく、

今では50分間の授業も

きちんと座って

受けられるようになりましたよ(*´∀`*)

ADHD=苦手なことが多い

と思われがちですが、

周囲の声かけや、対処法で

その後の人生は

うんと変化します。

そのためには

ADHDとは、どういうものか、

どんなふうに対処したらいいか、

正しく理解すること。

一人ひとりに

合う方法が必ずあります。

あきらめずに、

あの手この手で接していくと

必ず、変わっていきますよ(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪