崖っぷちを経験して、感じたこと

昨日、友だちと

ひさしぶりにランチをしてきました。

彼女もわたしと同じく、

自営業の嫁。

当然、仕事の話なども

ちらほらと出てきます。

そこでふと、思ったこと。

みんなそれぞれ、

いろいろな経験をしているんですよね。

わが家も、今までに何度も

崖っぷちを味わってきました。

「もうダメかも・・・」

と思うことも

何度もありました。

崖っぷち、どころか、

崖っぷちにつま先立ち状態、でした。

何度も崖っぷちを味わって

「もうダメかも・・・」

を経験して、感じたのは

崖っぷちのときこそ

なんでも挑戦できる、

絶好のチャンス!!

だって、失うものはないから。

ある意味、怖いもんなしですよ。

崖っぷちだからこそ、

とことん、あがいて

思いつくものは、どんどんやって

それでもどうしようもないときは

もう、しょーがない!!

何もせず、

どうしよう・・・どうしよう・・・

と思っていたって

状況は、変わらないでしょう?

何かしないことには

何も変わらないし、

まわりが変えてくれるわけでもない。

自分たちの力で何とかしないと

崖っぷちにつま先立ちどころか、

崖っぷちにつま先で片足立ち

という状態になってしまいますから。

動いたら、何かは絶対に変わる。

好転するかもしれない。

もしかしたら、

願っていた方向と、違う方向に

いってしまうかもしれない。

でも、じっと待って

もんもん・・・と抱え込むよりも

誰かに相談するなり、

新たな道を模索するなり、

今までとは違った視点を持つなり、

アクションを起こすことが必要。

自営業の嫁、

今年で20年になりますが、

しみじみ感じています。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪