思考のクセを変えるって、こういうこと

自己紹介にも書いていますが、

わたしが心理学と出会ったのは

子どもとの関わり方やサポートで

ものすっごく悩んでいたから。

学んだことを実践していくうちに

子どもとの関係だけではなく、

家の中の雰囲気も激変!!

でね、気づいたんですよ!

思考のクセを変えたら

人は、もっと幸せになれる!!って。

・・・なんていうと

「凹むことがないって、いいなー」

「悩みごととか、なさそう!」

と言われるのですが。(^^;)

いえいえ。

凹んだり、失敗したりが

すべてなくなる、ということではなく。

ネガティブな気持ちとの

付き合い方は、格段に上手になりました。

もともと、

ストレスで体調を崩しやすかったのが

ここ数年は、まったくのゼロ。

そもそも。

ネガティブな気持ちも

ポジティブな気持ちも

両方、自分の中にある気持ちなんですね。

それを無視して

「いつもポジティブにいきましょう!」

とすると、

心のバランスが崩れてしまいますから。

両方の気持ちをまるっと受け止めて

どちらも、自分の中にある

大切な気持ちだ、と認めながら、

さあ、それぞれの気持ちと

どう付き合っていこうかな?

というのが「思考のクセの変え方」。

では、思考のクセを変えると

どんな、いいことがあるのか?

まわりと比べて、凹む・・・

ということがなくなり、

自分のことが好きになります。

気持ちに余裕が出てきて

家族やまわりの人にも

優しくなれます。

生きていることが幸せ!

と思えるので

生きることがとても楽しくなります。

凹むことがあっても

対処法がわかるので

立ち直りも、すこぶる早くなります。

ほかにもたっくさんの

いいことがあるんですよ♪

・・・というワクワクすること。

もっとたくさんの方々に知ってほしい!

と、昨日改めて感じましたので

これから、

どんどんやっていきますね。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪