母親歴、17年に突入しました

17年前のちょうど今ごろ。

わたしは、興奮の最中におりました。

なぜなら、翌日(16日)、

帝王切開での出産を控えていたから。

生まれてはじめての手術への不安よりも

「やっと、赤ちゃんに会える!」

ワクワクでいっぱいだったんですよね。

そのことを長女に話したら、

「17年も前のこと、

よくそこまで覚えているね!」

とビックリされましたが、

おそらく、これから何年たっても

あの日のことは

はっきりと覚えていることでしょう。

いつもどおりに健診に行って

赤ちゃんが成長していないことと

羊水が、ほぼないことがわかって

あれよあれよという間に

入院⇒手術⇒出産の段取りが決まって。

心の準備どころか、

お産の準備すらしていなかったので

ハラハラ、ドキドキでしたが、

お腹の中でポコンポコンと動くわが子に

あともう少しで会える!

と思ったら、興奮で眠れなかったんです。(^^;)

翌日、生まれた長女は

2000gにも満たない、小さな体でしたが、

お腹から出たとたん、

元気いっぱい泣いてくれて

心底、ホッとしたのを覚えています。

それから数年後、

長女の発達や関わり方で悩みましたが、

今となっては、あの経験があったから

現在のわたしを作っているんだ、と

改めて、感じています。

人は生きている限り、

うれしいこと、つらいこと、

いろいろな経験をします。

どんな経験も

そこから、何を感じるか?で

無駄になることは

これっぽっちもないんです。

そう考えると

これからの人生、

ますますワクワクしてきますね。

さあ、明日の長女の誕生日。

どんなふうにお祝いしようかな(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪