人見知りだったわたしから、少しずつ脱皮中

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

今日は、地域の運動会でした!

地元の人たちが集まる

こういうイベント。

実は以前は、

ものすごーく苦手だったんです。

でも今は

楽しみの一つになっています(*´∀`*)

苦手だな…と感じていた理由は

「自分は人見知りだ」

と思い込んでいたから。

だから、

知らない人がたくさんいる場は

苦しくて、たまらなかったんですよね。

話しているうちに、相手の人から

「変な人だな」とか

「つまらない人だな」

思われるんじゃないか、って。

つまり、

周りの人にどう思われるか?

が気になってしょうがなかったんです。

ところが以前、読んでいた本で見つけた

「自分が思うほど、

 周りは自分のことを気にしていない」

という言葉に、目からウロコ。

そういえば、わたしも

よっぽどのことがない限り、

相手の人を

「変な人だな」とか

「つまらない人だな」

と思わないな、と気づいたんです。

ということは、

周りの人も、同じ。

「いいことを話そう」とか

「気の利いた言葉をいおう」とか、

そういうの、全然気にしなくていいんだ!

そう思った瞬間、

自分の中にあった

「人見知り」という思い込みも

少しずつ、小さくなりました。

苦手だと感じていることも、同じ。

思い込みを捨てたら、

少しずつ、ラクになっていきます。

とはいえ、

それまでの性格や習慣を

一気に変えようとしても、大変です。

そういうときは、

まず、小さなことから。

たとえば、人見知りの場合だと

子どもの同級生のお母さんと会ったら、

あいさつといっしょに

「いつもうちの子と仲良くしてもらって…」

など、共通点を見つけて話してみる。

できることから、少しずつ。

そうすると、新しい自分に

また気がつくことができますよ(*´∀`*)

ではでは!