自分を助けるのは、自分自身

こころゆるむメンタルコーチ

大迫 恵です。(^^)

 

ここ数日、

読書熱がふたたび上昇中。

次から次へと

いろいろな本を読み漁っています。

その中でもひとつ、

心にピッと響いた言葉がありました。

それは

「自分を助けるのは、自分自身」

というもの。

たとえば、

もうダメだーと落ち込んだとき。

ツラくて、どうしようもないとき。

まわりの人が

どんなに助け舟を出しても

それに乗るかどうか。

決めるのは、自分自身なんです。

つまり、

舟に乗るきっかけまでは

まわりの人からもらっても

わたし自身が

「乗らない!」と決めたら

ずーーーっと、そのまんま。

落ち込んだまんま。

凹んだまんま、なんですよね。

それって・・・

ものすごく、もったいない!!

だって、目の前に

解決の糸口が見えているのに。

たった一度きりの人生を

「どうせ、何も変わらないから・・・」

「今さら、やっても無理でしょ」

なんて決めつけるなんて

もったいないと思いませんか?

落ち込んでいるなら

凹んでいるなら

そこからはい上がる方法を

いろいろと試してみる。

そうすると、ある日突然、

パッ!と道は開けます。

さあ、あなたは

眼の前にやってきた助け舟。

そのまま、保留しますか?

それとも、思いきって乗ってみます?

「自分を助けるのは、自分自身」

ですよ。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪