気持ちは心のバロメーター

先日のブログで

気持ちについて書きましたが、

自分の感情、無視していませんか?
晩ごはんを食べて のんびりしていたときのこと。 ちょっと寒かったので ストーブをつけていたのですが、 ここで、ハプニング発生! 熱くなったストーブの上に ネコが飛び乗ってしまったのです。 ...

自分の気持ちを受け止める

というのは、やっぱり大事です。

 

なぜなら、気持ちというのは

今、自分の心が

どんな状態にあるのか?

を感じる役割もあるからです。

「苦しい」や「つらい」など

ネガティブな気持ちになったとき。

それは、心がSOSを出している状態です。

 

熱いものをさわったときに

「熱い!」と感じたり、

転んでケガをしたときに

「痛い!」と感じたりすることで

人は、体を危険から守っています。

 

・・・ということは。

「苦しい」、「つらい」と感じるときは

心が痛みを感じている、ということ。

 

それを無視して

元気にならなきゃ!

いつもポジティブでいなきゃ!

と思っても無理な話だと思いませんか?

 

「苦しい」「つらい」

と、心がSOSを出したときは

自分は今、そういう気持ちなんだ

と、素直に受け止める。

 

そして、何に対してそう思うのか?

どうしたらそれを、解決できるのか?

じっくりと考えていきましょう。

 

気持ちは心のバロメーターです。

焦らず、無理せず、

ゆっくりと進んで、大丈夫ですよ。

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪