物は言いよう。言葉を変えると、伝わり方も変わる

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

うちの娘たち、年齢は5才差。

「5才違いだと

ケンカもめったにせんでしょ?」

と言われていましたが、

とんでもない!!

毎日、しょうもないことで

ケンカばかりしていました。

ケンカのパターンは

いつも、ほぼ同じ。

「こんなふうにしてほしい」

という気持ちがうまく伝わらず、

お互いにイライラ⇒ケンカする、

という流れでした。

これって、大人でもそうですよね。

たとえば、

仕事から帰ってきたご主人が

服をあちこちに脱ぎ散らかす。

「もうっ!

 洗濯カゴに入れてくれたらいいのに!!」

お昼に食べたお弁当箱を

こっちから言うまで、出さない。

「もうっ!

 お弁当箱ぐらい、出してよ!!」

そういうとき、

つい言いたくなるのが

「なんで○○してくれないの!?」

という言葉。

でも、よーく考えてみると

服をあちこちに脱ぎ散らかすのも

お弁当箱をなかなか出さないのも

・めんどうくさい。

・無意識のうちに。

という理由がほとんど。

だから、それに対して

「なんで!?」と

理由を求めても、しょうがないんです。

そこで、伝える言葉をチェンジ!!

服を脱ぎ散らかす

「洗濯カゴに入れておいてねー」

お弁当箱を出さない

「お弁当箱、出てないよー」

という具合に

次にどう行動したらいいか?を

相手に伝えてみましょう。

そうすると

より具体的に、相手に伝わりますし、

言われた相手も

「なんで○○してくれないの!?」

と言われるよりも、

ムカッ!とすることが減ります。

ということはつまり、

お互いにイライラすることが

グーンと減る、ということなのです。

相手に何かをしてほしいときは

伝え方をひと工夫。

これだけで

毎日がもっと、ゴキゲンに過ごせますよ♪

ではでは!