忘れたい思い出の手放し方

こころゆるむメンタルコーチ

大迫 恵です。(^^)

 

娘たちと一緒に、思い出話。

「あなたが小さい頃、

こんなことがあってねー」

と話をすると

「えー、そうなの!?

なんか、恥ずかしい~!」

と、とても照れくさそう。(*´艸`*)

こんなふうに

心がふっとあたたかくなるような

思い出話だけならいいんですが、

ときどき、ふと

ズキズキと心が痛くなるモノまで

思い出してしまうこと、ありませんか?

忘れてしまおう、と

ギュッとふたを閉めて

心のずーっと奥のほうに

しまい込んでいたはずなのに

ふとした拍子に

思い出してしまう出来事。

自分の中ではとっくに

気持ちの整理はついている。

そう思っていたのに

今でもそれが頭をよぎる

ということは

まだちっとも整理が

ついていなかった、ということ。

そういうときは、まず、

大きくゆっくりと

深呼吸をしてみましょう。

そして、自分自身に

「もう終わったことだよ。

大丈夫、大丈夫」

と言ってあげてください。

可能であれば、

誰かに話を聞いてもらいましょう。

話をしているうちに

気持ちも少しずつ

整理されていきますよ。

それでも、どうしても

つらくて苦しいときは

心療内科やカウンセリングなど

専門家の力を借りてくださいね。

いつまでも苦しまなくていいんです。

過去のことに縛られなくていいんです。

イヤな気持ちはスッと手放して

次への一歩を踏み出していきましょう。

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪