「どうせ・・・」が口ぐせになっていませんか?

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

今日は、長女のスクーリング日。

帰ってきて、晩ごはんを食べながら、

「どうせ無理、っていうのは

自分の可能性も自信も

なくす言葉なんだって!!」

と話しだした、長女。

これ、下町ロケットという

ドラマのモデルにもなった、

植松努さんの言葉なんだそう。

長女はこの言葉が

ものすごーく心に残ったようで、

それを聞いたわたしも、

うーん、たしかに!と思ったんですね。

何かをはじめようとするとき。

不安でいっぱいになって、

「どうせ、わたしには無理だから・・・」

と、あきらめてしまう。

それって、もったいないです。

「どうせ無理」と予防線をはるより、

自分にできることを、どんどんやってみる。

もし、失敗しても

何度もやり直してみる。

いろいろな方法を試してみる。

大切なのは、あきらめないこと。

あきらめたら、それまでですもん。

長女が学んできたことから

わたしも、いろいろなことを

考えさせられました。

「どうせ無理」を言うこと。

うん、今日からスパッ!とやめよう!!

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪