沈んだ気持ちが浮上する、オススメの方法

こころゆるむメンタルコーチ

大迫 恵です。(^^)

 

先日のこちらの記事で

「毎日、楽しそうよねー!」 と、まわりの人からよく言われます。 言われてみるとたしかに、 毎日、ものすごく楽しんでいます。...

毎日を楽しくするもしないも

すべては、自分次第と書きましたが、

自分で自分を楽しませること、

そういえば…と、もう1つ、

思い出したことがありました。

それはですね、

ちょっと恥ずかしいのですが、

自分で自分のことを

ものすごーく、ほめているんです。

この方法、気持ちが沈んだときに

特にオススメなんですよ♪

お味噌汁が上手にできたとき。

玉子焼きがキレイにできたとき。

効率よく掃除ができたとき。

パパッ!と用事を済ませたとき。

ほんの少しのことで

さすが、わたし!

こんなに上手にできるなんて

天才なんじゃなかろうか!?

というふうに、自画自賛しています。

しかも、これ、

声に出して言うんですね。

この「声に出す」というのが

とても重要なポイントでして。

声に出すことで

心の中で思っているときよりも

「わたしってすごい!」

という思いを、より強く感じられるんです。

人はほめられると

自信がついたり、やる気が出たりと

さまざまなプラス効果が働きます。

子どものころ、ほめられて

「よし、もっとがんばろう!」

と思った経験、ありませんか?

あれと同じなんです。

ところが、大人になってくると

ほめられる機会というのは

だんだん減ってしまいます。

だから、自分で自分をほめる

自分で自分をほめるって

なんだか、ナルシストっぽい…

と思われるかもしれませんが、

毎日、だるいなあ…。

やる気が出ないなあ…。

楽しいことなんて、ちっともないなあ…。

と思いながら過ごすよりも

わたし、すごい!

やるじゃん、わたし!

と自画自賛すると

毎日がもっと楽しく、

ワクワクする気がしませんか?

「笑う門には福来たる」

という言葉もあるように

楽しい!ワクワクする!

と常に思っていると

楽しいこともワクワクすることも

さらに、やってくるんです。(^^)

というわけで

自画自賛、ぜひお試しあれ♪

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪