まずは、自分を受け入れてみる。

突然ですが、わたし。

子どものころ、

自分のことが、キライでした。

 

「こんな自分を好きになる人も

 いないだろうなー。

 一生、わたしは一人だろうなー」

 

小学校高学年~中学生ごろまで

本気で、こんなふうに思っていました。

ところがある日、

はた、と気がついたのです。

 

「誰からも必要とされない」

と思っているわたしは

ほんとうは、

誰かに必要とされたいのだ、と。

 

それと同時に

 

誰からも必要とされない、

と壁を作っているうちは

誰にも必要とされないし、

自分自身も

「わたし」を否定しているのだ、と。

 

じゃあ、なぜこんなふうに

「誰からも必要とされない」

と、思うようになったんだろう?

 

理由を考えてみると

思い当たるフシがあったんですね。

 

それは

理想の自分を思い描いて

それとはほど遠い自分を

自己否定していたんだ、

ということに。

 

自分は自分でいいんだ。

自分を否定してしまったら

誰が、自分を認めるんだろう?

 

そう思ったとたん、

ものすごーく楽になりました。

 

不器用でも

理想の自分とはほど遠くても

わたしは、わたし。

それでいいんだ、と思います。

 

今、苦しくてツライというあなた。

まずは、あるがままのあなたを

受け入れてみませんか?

 

わたしはわたしでいいんだ。

そう思うと、

気持ちがスッと楽になりますよ。

 

そして何より。

今の自分を変えたい!

次のステップへ進みたい!

そう思うなら、なおのこと。

 

まずは、自分を受け入れましょう!

そこからどんどん変化していきますよ。(*´∀`*)

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪