娘たちのやる気がUPした、ある話

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

最近の暑さもあってか、

気がつけば、

ダラダラ過ごすことが増えた娘たち。

このままではいかん…!!

と、昨日ある話をしましたら、

スポン!と腑に落ちたようで。

今朝は二人ともやる気モリモリ。

あとは、このやる気を継続させるだけ!

その変化があまりにもうれしかったので

今日は、そのときの話をシェアしますね。

ここで問題です。

世界中には、いろいろな人がいますが、

たった1つだけ、

誰もが平等に持っているものがあります。

それはなんでしょうか?

…正解は時間

生まれたばかりの赤ちゃんも

ものすっごく偉い人たちも

みんな「1日=24時間」なんですね。

で、ここでちょっとイメージしましょう。

あなたの目の前に今、

24枚のチケットがあります。

1時間につき1枚、

チケットを使っていきましょう。

まず、眠るための時間に何枚使う?

次に、ごはんを食べたり、お風呂に入ったり、

生きるために必要な時間に何枚使う?

人によって、ここは違いますね。

さあ、大切なのはここから!

手元に残ったチケットを数えてみましょう。

娘たちは「10枚」と言いました。

そう、1日は24時間あるんですが、

眠ったり、食事をしたりと

生きるために必要な時間をはずすと

自由に使える時間って

限られているんです。

残ったチケット(時間)を

勉強したり、遊んだり、

自分のために使う。

どんなふうに使ってもいいんですが、

「限られている」と認識して、

それをいかに有効活用するか?

が、大切なんですよね。

・・・・・・

ということを娘たちに話したら、

おおーっ!!と納得。(*´∀`*)

自分なりに、使える時間を考え、

今朝から早速、あれこれ工夫しています。

時間って、確実にあるものなのに

目に見えないものだから

ついつい、

ダラダラしてしまうことも多いんです。

たまに、の息抜きも必要。

ですが、

それがずーーーっと続いてしまうのは

ちょっと問題。

さあ、あなたは手元に

何枚のチケットが残りましたか?

それをどうやって使いますか?

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪