失敗から学ぶことは、モリモリある

毎年、この時期になると

バッタバタしています。

なぜなら

会社の決算があるから

 

あれもやらなきゃ!

これもやらなきゃ!

と、バタバタしていると

いろいろやらかすんですよね…。

 

予定をスポーンと忘れたり、

ついイライラしてしまったり。

 

極力失敗は避けたいところですが、

それでも、やってしまったときは

そこからどう動いていくか?

が、やっぱり大事です。

 

というのも

失敗したという「結果」だけに

意識を向けていても

なーーんにも変わらないから。

たとえば、

予定を忘れてしまったのならば、

・なぜ、忘れてしまったのか?

・スケジュールに無理がなかったか?

そうなった理由を考えてみると

対処法がたくさん見つかるんですね。

 

イライラしてしまうときも同じ。

なぜ、イライラするのか?

その理由をさぐってみると

・仕事が思うように進まないから。

・やることが多すぎるから。

など、いろいろ見つかります。

 

これだ!という対処法を見つけたら

すぐさま、次に活かしていく。

ここがポイントです。(^^)

 

なぜかというと

後回しにしてしまうと

また、すぐに忘れてしまうから。

鉄は熱いうちに打て!です。

 

失敗した…と落ち込むよりも

何が原因だったのか?

そこからどう次に活かすか?

それを見つめ直していくと

次はもっとレベルアップできますよ!

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪