気持ちはその都度、消化したほうがいい理由

昨日のブログで

そうなった理由をさぐる

と書きましたが、

失敗から学ぶことは、モリモリある
毎年、この時期になると バッタバタしています。 なぜなら 会社の決算があるから。 あれもやらなきゃ! これもやらなきゃ! と、バタバタしていると いろいろやらかすんですよね…。 ...

「そうなった理由をさぐる」って実は

自分の気持ちを消化するためにも

とても大切なんですよね。

 

なぜなら、

気持ちはその都度、消化したほうが

だんぜん、心地よく過ごせるから。

日々の暮らしに追われていると

自分の気持ちって

つい後回しにしませんか?

 

特に

・なんだかいらいらする。

・気分がモヤモヤしている。

など、ネガティブな気持ちほど

できるだけ、出さないようにしなきゃ…

と思いがちなんです。

 

ですが、

ネガティブな気持ちを後回ししたり、

気づかないふりをしたりすると

 

どう対処したらいいのか、わからない。

未消化のまま、

ずーっと引きずってしまうんですよ。

 

時には

「わたしの気持ちに気づいてよ!」

と、まわりにぶつけてしまって

余計に大変なことになる場合も…。

 

なぜ、いらいらするのか。

モヤモヤしているのか。

 

その理由をじっくりさぐると

こんなふうに思っていたんだ!

と、自分でも気づかなかった

あなたの気持ちが見えてきます。

 

理由がわかると

どう対処したらいいのか?が

少しずつわかってきます。

 

そうすると

いらいらやモヤモヤも

だんだん、消化されていきます。

 

そうすると

また先へ進みやすくなるんですね。

 

ネガティブな気持ちは

その都度、自分で消化していく。

今よりも心地よく生きるための

ちょっとしたコツですよ。(*´∀`*)

 

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪