「こうでなきゃ」の思い込みを、ポイッ!

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

毎日、きちんと家事をして

家の中も、いつもキレイで

子育てももちろん、しっかりやって…

それが「お母さん」として当たり前。

そんな呪縛にとらわれたこと、ありませんか?

じゃ、それができない人は

お母さん失格??

結婚したてのころや

子どもが生まれてすぐのころ、

わたしもその呪縛にとらわれていました。

もう、ガッチガチに。

やがて、結婚して2年後に生まれた長女は

2000gにも満たない、小さな体で

首すわりは、生後半年。

ハイハイもしなかったし、

歩けるようになったのは、2才の誕生日前。

成長も、とーってもマイペース。

ミルクの量もなかなか増えず、

1才ごろで、体重は6kgほどでした。

まわりからは

「まだ首すわってないの?」

「まだ歩けないの?」

「小さすぎ!ミルクの量が足りないんじゃない?」

何気ない一言ひとことが

グッサリ…と心に突き刺さり、

目の前にいる長女さえも、全否定されたような

そんな気分でいました。

でも、

マイペースながらも、自分なりのペースで

のんびりと成長している長女を見ていたら

「当たり前」とか「こうでなきゃ」とか

そういう枠にとらわれている自分が

ものすごくちっぽけに見えて

それ以来、

「当たり前」や「こうでなきゃ」

という枠を、ポイッ!と捨てちゃいました。

「当たり前」や「こうでなきゃ」

というのは、あくまでも基準のひとつ。

それにとらわれすぎて

目の前にある、大切なものを

見失ってしまっては、元も子もない。

そんなふうに考えるようになってから

うんと楽になりました。

もしも今、

以前のわたしのように、

思い込みにとらわれているならば、

その思い込み、ポイッ!と捨ててみて。

心がスーッと軽くなりますよ♪

ではでは!