今年の夏は、子どもとどんな思い出を作る?

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

今週の土曜日(7月29日)には

天草ほんど花火大会

が開催されます。

12,000発の花火は、まさに圧巻!

なかでも

クライマックスを飾る1.5尺玉

毎年、楽しみにしているもののひとつ。

夏には、あちこちで

花火大会や夏祭りなど

さまざまなイベントが開催されますね。

うちは、両親が漁師をしていて

夏の夜は、車海老漁に出ていたので

子どものころは

めったにイベントに行くことがありませんでした。

大きくなってからは

わたしたちきょうだいも手伝いに行き、

船に揺られながら

あちこちで上がる花火を見ていたり、

漁が終わって、

夜空を見上げたら

たくさんの流れ星を見つけたり。

子どものころは

「毎日毎日、手伝いばっかり!」

と不満でいっぱいでしたが、

大人になってみると

不思議と

あたたかくて懐かしい思い出です。

当時の両親は、というと

網をおこす直前まで

わたしたちに魚釣りをさせたり、

いろいろなおやつを持っていったり、

わたしたちが少しでも

楽しいように、退屈しないように、と

さまざまな工夫をしてくれていました。

子どもと一緒にいられる時期って

ほんとうは、とっても限られた時間。

だからこそ、一緒にいられる今を大切に。

わが家の子どもたちも

大きくなって、いつか、今を思い出すときに

ああ、楽しかったなあ。

そんなふうに思ってくれたら、いいな。

そんなことを思いながら、

今年の夏も、娘たちとの思い出づくりを

たくさん、たくさんしていきたいと思います♪

ではでは!