最近泣いたの、いつですか?

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

先日、1才の甥っ子に

ひさしぶりに会いました。

…が。

おばちゃんのこと、

忘れてしまったのか

抱っこしようとしたら、

泣かれてしまいました(^_^;)

周りを気にせずに、

大声を上げて泣けるのって

小さい子の特権(?)ですよね。

大きくなるにつれて

「いつまでも泣かない!」

「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なのに

 泣いたら、かっこ悪いよ」

と、周りから言われて

次第に、泣くことをがまんしたり。

でも、泣くことは

そのとき、心が抱えている感情を

外に出す=デトックスであると同時に

今、自分がどういう気持ちなのか?

を受け入れる行為の一つ。

ツライ気持ちがどんどん大きくなると

だんだん、

「ツライ」ことに慣れてしまい、

心が麻痺してしまうんですよね。

実はわたしも数年前、

この気持ちにストーン!!

と落ちたことがありました。

そこから抜け出せたのは

神井真名さんが開催された

手帳のワークショップに参加したとき。

▼神井真名さんのブログはこちら

http://dragon-eye.jugem.jp/

神井さんにひさしぶりにお会いして

近況をポツポツとお話していたら

なぜか、涙がポロポロ…。

そのとき初めて、

自分の気持ちを受け入れて

そこから抜け出せることができました。

最近は「涙活」というものもあります。

意識的に泣いて

ストレスを解消しよう!

というものですが、

大人も、泣くってとても大事。

心が疲れて、どうしようもないときは

思いっきり、泣いてみませんか?

自分の心の声に気がついて

とーってもスッキリしますよ(*´∀`*)

ではでは!