「自分はダメなママ」なんて、責めなくていいんです

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

みなさん、

子育て楽しんでいますか?

昨日の記事で

子育てに悩んでいた時期がある、

と書いたわたしですが、

先日、娘から 「メンタル心理カウンセラー になろうと思ったのは、なんで?」 とたずねられました。 わたしが、...

今はがっつりと子育て、楽しんでいます。

「子どもは親の背中を見て育つ」

なんて言葉がありますが、

子どもに見せる背中は

かっこいい背中じゃなくても

立派な背中じゃなくてもいい。

そう思いませんか?

親だって人間なんだから、

完ぺきでなくて、当たり前。

かっこ悪いところだってあるし、

ぐだぐだなところも、

失敗することも、もちろんある。

疲れがたまって、心に余裕がなくて

つい、周りにあたってしまうことも。

そういう自分を

「なんて、ダメなママなんだろう…」

と、責めていませんか?

もしかしたら、

周りのママさんたちが

輝いて見えるかもしれませんね。

「優しいママになりたいのに、

自分はなぜ、できないんだろう…」

そんなふうに、感じていませんか?

でもね。

どんなに怒りん坊のママでも

お子さんにとってあなたは、

この世でたった一人の

大切な、大好きなママなんです。

心に余裕が持てない日は

「ママ、今日は疲れてるんだー」

と、言っちゃいましょうよ。

怒りすぎちゃったときは

「怒りすぎたね。ごめんね」

って、謝りましょうよ。

お子さんはきっと

どんなママでも、

しっかりと受け止めてくれます。

そして、

たまには、自分の心も

ゆっくり休めてあげましょう。

1日のうちに

ほんのわずかな時間でもいいから、

あなたが好きなことをして

心の元気をチャージしてくださいね(^^)

ではでは!