備えることは大事。だけど・・・

こころゆるむメンタルコーチ

大迫 恵です。(^^)

 

朝、洗濯物を干す時間は

頭のなかにあるいろいろなモノを

整理整とんする、いいタイミング。

今朝も洗濯物を干しながら、

あれこれ考えていました。

今日のテーマは「備えること」。

○○になったら、どうしよう・・・

万が一に備えることは、とても大事ですね。

ですが、

「どうしよう」にとらわれすぎて

第一歩を踏み出せないのは

やっぱり、もったいないです。

たとえば、

どこかへ旅行へいくとき。

1泊2日の旅行なのに

もし、汚れたら困るから・・・と

洋服を何着も持っていく。

もし、途中で体調が悪くなったら・・・と

胃薬や鎮痛剤などを

何種類も持っていく。

もし、荷物が入らなくなったら・・・と

携帯用のバッグを持っていく。

1泊2日の旅行だから

ほんとうは、少しの荷物で十分なのに

気がついたら、大荷物。

そうなると、移動にもひと苦労です。

それよりも

「いざというときは

現地調達したらいいや!」

ぐらいで、いいと思うんですね。

物事に対しても、同じこと。

「もし、○○になったら、どうしよう・・・」

と二の足を踏むよりも

思いきって、動いてみる。

もし、困ったことが発生したら、

その都度、対処法を考えよう!

ぐらいの気持ちで

思いきって、動いてみましょう。

もちろん、昨日も書いたように

今の状況に満足できない! どうしたら、今を変えられるんだろう? と相談をいただくことがあります。 今の状況を変えた...

目標だけを決めて

具体的にどう動くか?を考えないと

やみくもに走るだけ、になってしまいますが、

ある程度の道筋を決めたら

あとは、とにかく動く。

そうすることで確実に

「目標とする自分」

に、どんどん近づいていきます。

あ、もちろん。

具体的に考える、と

起こってもいないことに備えすぎ、は

まったく別のもの。

備えすぎて、動けなくなるよりも

ひとまず、動いてみたほうが

うんと身軽に行動できますよ。(*´∀`*)

ではでは!

今日もお読みくださって

ありがとうございます♪