いい人でいること、やめませんか?

こころゆるむメンタルコーチ

大迫 恵です。(^^)

 

突然ですが、

何か頼まれごとをされたとき。

あなたは、どうしていますか?

ほんとうは、

自分のキャパもいっぱいなのに

「うん、いいよー!」とか、

「大丈夫、平気、平気!」とか

言っていませんか?

もちろん、

心の底から、相手を助けよう!

力になろう!

と思っているときは、いいんです。

でも、もしも、

その気持ちの奥底に

「今、手いっぱいなんだけど…」

「無理したら、なんとかなるかも…」

そういう思いがあるならば、

ちょっと、ストップしたほうがいいです。

なぜなら、

自分の気持ちやキャパを無視して

「うん、いいよ!」

と言うと、必ずしわ寄せがくるんです。

あなたの心や体に。

夜、眠れなくなったり、

つらくて、苦しくなったり、

何も考えられなくなったり。

もし、断ったら、

嫌われるかも…。

迷惑かけてしまうかも…。

そう思いますか?

大丈夫!

たいていの場合、

そうなることは、ないです。

「うん、いいよ!」

と言うと、相手からは

「ああ、いい人だなー」

と思われるかもしれません。

だけど、

都合のいい人に、なっちゃいけない。

周りの機嫌だけを気にして

自分の機嫌をないがしろにしちゃ、いけない。

周りの人を大切にしたい。

そう思ったら、

まずは、自分自身を大切にしなきゃ。

とはいえ、

頼まれたことを断れない人は、

周りの人を頼る、というのも

なかなか、できないんですよね。

そういうときは

小さなことから、はじめてみませんか?

たとえば、

家事すべてをこなしているなら、

食事の前に、テーブルを拭いてもらう。

食器を運んでもらう。

取り込んだ洗濯物を運んでもらう。

少しずつでも手伝ってもらうと

負担も、軽くなりますよ。

もちろん、手伝ってもらったあとは

「ありがとう!」

という感謝の言葉も、お忘れなく♪

ではでは!