いくつになっても、ワクワクするって大事

年齢を重ねてくると

周りからちらほらと聞こえる

 

「若いころは、良かったよねー」

 

という言葉。

 

わかる、わかる!!

すっぴんでも外出できたし、

夜更かしも平気だったし、

楽しいことばかりだったなー(*´∀`*)

年齢を重ねていくにつれ、

外出時の化粧は必須だし、

夜更かしなんてできないし、

家族が増えると

悩みもどんどん増えてくる。

 

体にも心にも

明らかに変化が見える、今。

生きている限り、

老いはついてまわるもの。

 

といっても、

「年だから~」だなんて

あきらめる必要もないな、と

最近、感じています。

 

そう思ったのは

以前、ご高齢の方が大学受験された

というニュースを目にしたとき。

 

「この年になったからこそ、

 勉強したいと思ったんです」

 

という言葉を聞いて

いくつになっても、

やりたいことをあきらめなくても

いいんだ!と気付かされました。

年齢を重ねるにつれて

たしかに、若いころの輝きは

しだいに薄れていくでしょう。

 

でも、

年齢を重ねたからこそ

見えてくるもの、

気づくものも、たくさんある。

 

だったら、

悲観して生きていくよりも

もっとワクワクすること、

楽しいことをして

毎日を過ごしていきたい。

 

そう思いませんか?

 

5年後、10年後の自分が

どうなっているか、わかりませんが、

できることなら、

今よりももっと楽しい毎日でありたい。

 

そうなるように

日々をもっと大切にしながら、

1日1日を過ごしていこう、と思います♪

 

ではでは!