大きな困難にぶち当たったら

こころゆるむメンタルコーチ

大迫めぐみです。(^^)

 

子どもたちが、まだ小さかったころ。

ビーズでつくった指輪を飾る

リングスタンドが

行方不明になったことがありました。

↑ 円錐形の、こういうやつです。

犯人は、娘たち。

リングスタンドの形を見て

「これは、ままごとの

 えんぴつにぴったり♪」

と思ったんでしょうね。

先っぽには色が塗られ、

周囲にも

色とりどりの模様が

キレイに描かれていました。

あまりの変わりように

見た瞬間、怒るより先に

思わず、笑ってしまいました。

わたしにとっては

リングスタンド、ですが、

娘たちにとっては

「ままごとのえんぴつ!」

だったんですから。

見る人によって

受け止め方は、さまざまですよね。

たとえば、

大きな壁にぶつかったとき。

こんな高い壁、

乗り越えられるわけがない!

と思っていても

もしかすると、横から見たら、

案外、薄い壁かもしれません。

高くて乗り越えられない壁でも

薄ければ、

壁をぶち破ることも

横をヒョイッとよけることも

十分、可能ですよね。

もし、大きな困難がやってきたら

まずは、一呼吸置いて

真正面からだけでなく

あちこちから、見てみる。

そうすると

「乗り越えられないかも…」

と思っていた困難も

案外、ヒョイッ!と

乗り越えられるかもしれませんよ(*´∀`*)

ではでは!